明日は何の日? tabetanセレクト

明日の「今日は何の日?」です。 毎日、一つの話題にしぼって、お届けします。 明日も素敵な一日を♪

9/1 「防災」の日


 

明日9月1日は、「防災の日」です♪


 1923年(大正12)年の9月1日、午前11時58分、関東地方をマグニチュード7.9

 

の大地震が襲い、死者・行方不明者14万人という大災害となった。

 

 この日を忘れることなく災害に備えようと、

 

1960(昭和35)年から防災の日が制定された。

 

 (一般社団法人 日本記念日協会 ホームページ内 検索 参照)

 


 私(tabetan∈(・ω・)∋)は、総務省統計局ホームページを拝見しました。

 

 防災の日は、台風、高潮、津波地震等の災害についての認識を深め、

それらの災害に対処する心構えを準備するためとして、

昭和35年(1960年)に内閣の閣議了解により制定されました。

 

 また、昭和57年(1982年)からは、9月1日の「防災の日」を含む1週間(8月

30日から9月5日まで)が「防災週間」と定められています。

 

 9月1日という日付は、大正12年(1923年)9月1日に発生し、

10万人以上の死者・行方不明者を出した『関東大震災』に由来しています。

 

 また、気象庁の「気象統計情報」によると、

台風の接近・上陸は8月から9月にかけて多く、

制定の前年である昭和34年(1959年)9月には、5,000人を超える死者・行方不明者

を出した『伊勢湾台風(昭和34年台風15号)』が襲来しました。

 

このことからも、この時期は防災について考えるいい機会と言えるでしょう。

 

 「防災の日」及び「防災週間」では、全国各地で防災訓練や防災意識を高

め、防災知識を普及・啓発するための行事等が行われています。

 

 この機会に自分の周囲で起こる可能性がある災害や、身の回りの危険な箇

所、また避難場所や避難経路等を確認して、災害にしっかり備えましょう。

 

 (以上、総務省統計局HP「なるほど統計学園」より、抜粋)

 


 私(tabetan∈(・ω・)∋)、防災用品を揃えて安心してましたが、

停電対策として常備していたライトの電池が切れていることを発見。 (´д゚`ll)

 

 皆様も、避難場所や避難経路の確認、防災用品の確認・点検など、大丈夫でしょうか。

 いま一度、防災について考える一日にしたいですね。(  ·_·  )

 


 では、本日も読んでいただき、ありがとうございますm(_ _)m

 明日も素敵な一日をお過ごしください♪