読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日は何の日? tabetanセレクト

明日の「今日は何の日?」です。 毎日、一つの話題にしぼって、お届けします。 明日も素敵な一日を♪

9/8 「ハヤシ」の日

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

完熟トマトのハヤシライスソース(210g)[レトルト食品]
価格:281円(税込、送料別) (2016/9/2時点)


 

明日9月8日は、「ハヤシの日」です♪


 洋食シリーズ「新厨房楽」を製造販売する、株式会社 丸善ジュンク堂書店が制定。

 同社の前身である 丸善株式会社の創業者 早矢仕有的(はやし ゆうてき)氏

が考案したとされる「ハヤシライス」。


そのハヤシライスの食文化をより多くの人に伝えていくのが目的。

 日付は、早矢仕有的氏の誕生日(1837年9月8日)から。


 (一般社団法人 日本記念日協会 ホームページ内 検索 参照)


 
 私(tabetan∈(・ω・)∋)は、「本屋で.com」ホームページを拝見しました。


 ハヤシの日について:

 ハヤシライスの命名には諸説ありますが、


 早矢仕有的は、当時、日本を訪れていた外国人との親交があり、

また、西洋料理にも、なじみがあったため、友人が訪れると、

あり合わせの肉や野菜をゴッタ煮にして、ご飯を添えて振舞っていたそうです。


 やがて、この料理は、「早矢仕さんのライス」といわれるようになり、

評判が評判を呼んで、ついには「ハヤシライス」の名で、

街のレストランのメニューになったとか。 

 
 (本屋で.comさんが、『丸善百年史』より抜粋)


 (以上、tabetanが、「本屋で.com」HPより、抜粋)

 

 ハヤシライスといえば、洋食屋さんの定番メニューですよね(  ˆpˆ  )

書店の丸善さんと「ハヤシライス」との関わりは、

明治時代から長きに渡ってますねヾ(@゜▽゜@)ノ

 

 では、本日も読んでいただき、ありがとうございますm(_ _)m

 明日も素敵な一日をお過ごしください♪