読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日は何の日? tabetanセレクト

明日の「今日は何の日?」です。 毎日、一つの話題にしぼって、お届けします。 明日も素敵な一日を♪

9/22 「秋分」の日

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

【送料無料】 お供え・お悔やみの花束 <和風-01>
価格:1980円(税込、送料無料) (2016/9/18時点)


 

明日9月22日は、「秋分の日」です♪


 国民の祝日のひとつ。「祖先を敬い、亡くなった人を偲ぶ日」がその趣旨。

秋分の日」の前後三日間とこの日は秋の彼岸で、墓参りをする人が多い。


 (一般社団法人 日本記念日協会 HP内 検索 「その他の記念日」参照)

 

 私(tabetan∈(・ω・)∋)は、国立天文台ホームページを拝見しました。


 日本の祝日を定めている「国民の祝日に関する法律」によれば、

春分の日は「春分日」、秋分の日は「秋分日」を採用するとされています。


 「春分日」「秋分日」というのは天文学上の呼び名で、

次のように定義されています。


 太陽は星々の間を移動していて、その通り道を「黄道」といいます。

また、地球の赤道を天にまで延長したものを「天の赤道」といいます。


 黄道天の赤道は、お互いが傾いているために2点で交わり、

その交点のうちの一方を「春分点」、もう一方を「秋分点」と呼びます。


そして、太陽が春分点秋分点の上を通過する瞬間がそれぞれ「春分」「秋分」と定義され、

春分」「秋分」を含む日のことを、それぞれ「春分日」「秋分日」と呼ぶのです。


地球の運行状態などが現在と変わらないと仮定すると、

将来の春分日・秋分日を計算で予想することができます。


ただし、地球の運行状態は常に変化しているために、

将来観測した結果が必ずしもこの計算結果のとおりになるとは限りませんので、

あくまで参考としてご覧になってください。


 来年2017年の「春分の日」3/20、「秋分の日」9/23


 (以上、国立天文台HP「何年後かの春分の日秋分の日はわかるの?」より、抜粋)

 

 私(tabetan∈(・ω・)∋)は、「秋分の日」は毎年9/23かと思ってましたが、

「「秋分日」を採用する」から、今年は9/22なんですね。(°ω° )

ほんと、勉強になりましたね。ヾ(*´∀`*)ノ

 

 では、本日も読んでいただき、ありがとうございます。m(_ _)m

 明日も素敵な一日をお過ごしください♪

 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

【送料無料】 お供え・お悔やみの花束<洋風-01>
価格:2680円(税込、送料無料) (2016/9/18時点)