明日は何の日? tabetanセレクト

明日の「今日は何の日?」です。 毎日、一つの話題にしぼって、お届けします。 明日も素敵な一日を♪

10/20 「床ずれ予防」の日


 

明日10月20日は、「床ずれ予防の日」です♪



 一般社団法人日本褥瘡(じょくそう)学会が制定。

「床ずれ」は医学的には褥瘡(じょくそう)と言い、寝具や車椅子などと長時間皮膚が接触することで、

血の流れが悪くなり、皮膚やその下の組織がダメージを受ける創傷のこと。

 この「床ずれ」という病気に対する理解を深め、適切な予防・管理を広めるのが目的。

 日付は10と20で「床(10)ずれ(20)」と読む語呂合わせから。


 (一般社団法人 日本記念日協会 ホームページ内 検索 参照)



 
 私(tabetan∈(・ω・)∋)は、「一般社団法人日本褥瘡(じょくそう)学会」ホームページ

を拝見しました。



 日本褥瘡学会は、毎年10月20日を「床ずれ予防の日」として提唱します。

日本記念日協会から認定されています。


 「床ずれ」は、医学的には褥瘡(じょくそう)と言い、

寝具や車椅子などと皮膚が接触する部分に外力が加わることで、血の流れが悪くなり、

皮膚やその下にある組織がダメージを受ける創傷です。重症化すると死に至ることもあります。


 適切な予防によって発生を防ぐことができます。

また、発生しても適切な治療・ケアによって改善します。

 日本褥瘡学会は、「床ずれ予防の日」を中心とした期間に、

一般の方にもこの病気に対する理解を深め、

適切な予防・管理のための情報提供やさまざまな活動を展開していきます。


 なぜ 10月20日?

  ・日本褥瘡学会では、定期的に褥瘡有病率全国調査を10月に実施しています。

  ・記憶しやすいように、床(10)ずれ(20)、つまり10月20日を選びました。

  ・欧州を中心にStop pressure ulcer dayと称した褥瘡撲滅のための啓発キャンペーンが、

   11月に実施されています。

   これは2011年のリオデジャネイロ宣言:普遍的な人権としての褥瘡予防に端を発しています。


 (以上、「一般社団法人日本褥瘡(じょくそう)学会」HPより、抜粋)



 「床ずれ」って、寝たきりのかたに多いというのは、なんとなく知ってましたが、

血の流れが悪くなって、皮膚や組織がダメージ受ける、とは、、、

深刻な問題ですね。(°ω° )



 では、本日も読んでいただき、ありがとうございます。m(_ _)m

 明日も素敵な一日をお過ごしください♪